「片づけた方がいい」とわかってるけど…

「片づけのメリットは十分知っている。やったほうがいいってことはわかってる。片づけ本はたくさん持ってるし、ノウハウもネットでも見て知っている。」

だけど、

「どうしても体が動かない」
「やろうと思うけど、なかなかできない」
「毎日家事や育児・仕事をこなすのに精一杯で、片づけどころじゃない」

そんな声をよく聞きます。

どうしたら、私の家は片づくんだろう。
どうしたら、私は片づけられるようになるんだろう。
この思いをずっと抱えて生きていくのだろうか。

そう思ったら、一度「片づけサポート」を受けてみませんか?

「片づけサポート」をご利用なさった方には、こんな変化が起きています

・気持ちがすっきりし、他も片づけたくなった

・自分で工夫して収納を考えるのが楽しくなった

・片付け前にくらべるとイライラが9割減

・心にゆとりができたら時間のゆとりもできた

・インテリアとは無縁の日々から、少しずつ部屋を飾りたくなってきた

・片付けが楽しくて仕方がない

・子どもたちと遊ぶ時間も増えて、毎日が楽しい

・何年も手付かずだった手芸をまた始めようという気になった

・いただいたアドバイスの内容や図面を何度も読み返し、その後の片づけ作業に活用できた

 

このような方のための片づけサポートです

・物が多く、定位置が決まっていない

・捨てようと思うけどなかなか捨てられない

・毎日片づかない部屋を見て落ち込む

・物置状態の部屋があり、片づけなきゃとは思うけれど見てみないふりをしている

・片づけようと思うけれど、どこから片づけていいかわからない

・ずーっと長いこと、片づけが自分の中で課題だ

・いつでも人を呼べる部屋にしたい

・本当はゆとりを持って家事や子育てを楽しみたい

・時間があったら自分のやりたいことをしたい

もう自分を責めなくていい。必要なのは「心の整理」

片づけに悩む人はまじめな方が多く、自分を責めてしまいがちです。

物も情報もあふれるいまの時代、たくさんの物ややることの目の前にして、選ぶことができなくなっている人が多いように感じます。

そんななか自分を責めてもはじまりません。

自分が本当はどうしたいかがわかっていないと、物を選ぶことも、行動を選ぶこともできません。

一度立ち止まって心の整理をして、本当はどうしたいか、何を大切にしたいか、確認することが必要なのです。

自分が大切にしたいことがわかると、物や行動を選べるようになり、不要な物を手放したり、必要のない情報や行動を制限したりできるようになります。

その結果、大切で必要なものだけが手元に残り、暮らしやすく生きやすくなると、私は考えます。

ですが、心の整理や部屋の片づけは、重要性ややり方がわかったとしても、自分一人ではなかなかできないものではないでしょうか。

自己流だとかなりの時間がかかってしまったり、途中で立ち止まってしまう方が多いです。

私はライフーガナイズという片づけ手法を学び、長い時間や労力をかけて、心の整理と部屋の片づけを進めてきました。

そこで得た経験や学びから、私は、「心の整理の道すじ」と「部屋を片づけやすくするしくみ作り」をご提供しています。

片づけが苦手な人が少しでも早く確実に片づけやすくなり、
家が安心して快適に過ごせる”人生の拠点”となるためのサポートをします。